STEELDIVE SD1953

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
腕時計

スペック

年代 2021年頃? ムーブメント 自動巻き NH35
型番 不明 精度 +30秒程度
直径 42mm 風防 サファイアガラス
厚さ 13mm 防水 30気圧防水
ラグ幅 20mm おすすめ度 ★★★★(4.0)
機能 デイト 備考  

どんな時計?

R社潜水艦のオマージュモデル。オマージュモデルではあるがあまり本家に忠実には作られておらず、メーカー独自の改良点や変更点がいくつかあり、コストパフォーマンスや実用性を追及したモデルになっている。この姿勢は好感が持てる。

ちなみにカラーバリエーションもあるよ。ノンデイト版深海版などの亜種もいる。

入手方法(2023.5)

Amazon、Yahoo!などのネットショップで入手可能。

ディティール

ダイヤル

普通のR社潜水艦スタイル。ガラスは両面無反射コーティングのなされたサファイアガラスを搭載しており、視認性は極めて良好。ダイヤルが黒のため分かりにくいがサイクロプスレンズが青く輝くことからコーティングされていることがわかる。

ベゼル

ベゼルはセラミック製であり耐摩耗性に優れている。このベゼルと無反射コーティングガラスのおかげで見た目はなかなか高級感があり、そして見やすい。

ケースバック

ソリッドバックになっており、本家と違ってのっぺらぼうではなくADDIESDIVEのようにデザインが入っているタイプ。ゴーグルをつけたガンダムというかジムスナイパーみたいなおじさんがコンニチワしてくる。


このおじさんはダイヤルとか本体側面のリューズのところにもいるぞ。

ブレスレット

ここも本家とは異なり、通常のダブルクラスプバックルの割ピンブレスとなる。ADDIESDIVEと同じものだが、こちらは全面ヘアライン仕上げになっているためより傷が目立ちにくく実用的である。

割ピン故多少シャリシャリいうが、悪いというほどでもない。プレザージュとかオリエントスターもこんなもんだし実用上はまったく問題がない。

夜光

Steeldiveの長所のひとつ。夜光がかなり明るい。発光色はブルーグリーンであり残光性に優れており、ベゼルも発光するためかなりの光量がある。この明るさが基準になってしまうと他の時計の夜光はいささか物足りなさを覚えてしまうほど。

まとめ

潜水艦は多くのオマージュメーカーがモデルアップしているが、その中でも実用性とコストパフォーマンスに優れた一本である。

無反射コーティングや明るい夜光など視認性に配慮されており、ブレスも全面艶消しであるため小傷を気にせずガシガシ使うことができる。

アリエクやアマゾンで購入することもできるが、今回はヤフオクメルカリが安かったのでそこで購入した。それなりに安かったので合わせてグリーンサブも買ってみたが、これで国産品1本より安いので非常に助かる。

スーツにダイバースはどうかとは思う人もいるかもしれないが、気にしない人ならオンオフを気にせず使える時計なので使い勝手はとてもよい。


外箱はこのような黒い弁当箱のようなプラケース。時計本体はジップ付ポリバックに梱包されている。

本体に比べてかなりやる気のない外装であるが、邪魔にならず思い入れもわかないデザインであるため、捨てるもよし、小物入れにするもよしで使い勝手が良い。

「こういうのでいいんだよ」の精神が形になったかのようなプロダクトデザインは好感が持てる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました