【レビュー】Famul Watch ダイバース(ネイビー)

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
腕時計

Famal watchの二本目。ヴィンテージの雰囲気を纏った古き良きダイバースウォッチ。

スペック

年代 2021年 ムーブメント NH35
型番 (不明) 精度 +30秒程度
直径 40mm 風防 サファイアガラス
厚さ 約13mm 防水 20気圧防水
ラグ幅 22mm おすすめ度 ★★★★(4.0)
機能 デイト 備考 鍛造ケース

 

どんなモデル?

前情報一切なしで購入に踏み切ったFamal watch(ファマルウォッチ)の二本目。このマイクロブランドは今のところ2種類のモデルを展開していて、これはそのもう片方にモデルになる。

先に紹介したフィフティファゾムス風のサファイアベゼルを採用したモデルがものすごいクオリティだったため、ひょっとしてこちらもいい感じなのでは?と思って入手。

ディティール

ダイヤル

細めの逆回転防止ベゼルを配したヴィンテージ風のダイバースウォッチで、青色にベージュのルミノバダイヤルがレトロな雰囲気を醸し出す。

ところでこのモデルは割とでっかく見える。大きさはよくある42mmなのだがベゼルが薄型でガラスが大きいため体感それよりも大きく感じる。

ガラスはやはりボックスサファイアで、非球面なので横からでも見やすい。ただしコーティングは両面ではなく、片面もしくはなしのどちらか。このあたりは前のモデルに比べると相応の価格差を感じる部分はある。

アルミベゼル

ダイバースウォッチのため逆回転防止ベゼルを備えるが、通常のスポーツウォッチのベゼルとほとんど変わらないくらいの薄型であるため、オメガのスピマスのようなスタイリッシュな印象を与える。

ベゼルインサートはアルミ製のため経年変化を楽しめる。このモデルのカラーバリエーションは青ベゼル×青ダイヤルと、赤ベゼル×黒ダイヤルの二色展開となるのだが、赤の方が退色が早い。経年変化をすぐ楽しみたいなら赤を、長く楽しみたいなら青を選ぶとよい。

ブレスレット

ブレスレットは22mmの全面ヘアライン仕上げとなっており、フォールディングバックルはシングルロックのもの。バックルにはブランドロゴ(梅)を配する。

惜しむらくは半コマが無いこと。バックルにバネ棒穴は3カ所あるが、22mmで1コマが長いので半コマは付けてほしかった。またコマのつなぎ目はビスではなくCリング(ピンとパイプで接続する)方式となっており、ここも相応の価格差を感じる部分となる。

とはいえ実用上の不満はなく安っぽさも特に感じない。けどやっぱり半コマは欲しかった。1コマ入れるとゆるいし、抜くときつくなってしまうのが何とも惜しい。

ケースバック

裏蓋は先に紹介したモデルと同じ。おしらく鍛造プレス製と思われ重厚感のある仕上がり。

夜光

夜光についてはFamul watch(黒)と同様、輝度が明るく塗りも問題ない。レトロな見た目に反してかなりかなり明るく光る。ベージュのルミノバは割とパラダイムシフトだと思う。

最近の時計はこのくらいのクオリティをバシバシ出してくるので光り物オタとしてうれしい限り。

Famul watch(ブラック)と

Famul watch(黒)と2本並べて。どちらも明るさに不満はない。同じくダイバースでありながらキャラクターが違うので飽きることなく楽しめる。

まとめ

この時計でいいなと思ったのはデザイン。ベゼルが細いのでぱっと見ダイバースっぽく見えないのが良い。中華ダイバースを集めるとR社やS社のオマージュモデルが増えてしまいがちなので、オリジナルデザインで勝負した点は素晴らしいと思う。

一方でガラスのコーティング、ブレスの仕様などはFamul watch(黒)の方が豪華で、総合的な品質はコチラの方が良い。特にブレスが惜しく半コマは欲しかったところ。まあ価格差があるので仕方ない部分ではあるのだが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました