WA M92FS ロミオ&ジュリエット風

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
トイガン

blueとっておきの一丁にして究極にロマン仕様なベレッタ。

スペック

年代 1995年頃? 作動方法 ガスブローバック
メーカー WA(ウエスタンアームズ) バージョン スーパーバージョンR?
全長 約217mm ホップアップ 可変
身長 約112mm 装弾数 25+1発
重量 820g(実寸) おすすめ度 ★★★★★(5.0!!)
材質 ABS樹脂 備考 カスタム品(メッキ)


どんなモデル?

いきなりですがタイトル詐欺です(笑)残念ながらそんなモデルは存在しません。

ヤフオクで以前譲ってもらったモデル。アウターバレルや主要な金属パーツに金メッキがなされたデラックスなベレッタだ。ベースモデルはWA M92FS INOXだがバージョンは不明。スーパーバージョンRだと思う。

譲ってもらったのでモデルの詳細は不明。キャロムショットに似たモデルがあったが確かマルイM92Fベースで、WAベースのものはなかったと思う。個人製作のワンオフかもしれない。

ディティール

全体像

見ての通りカラーリングは派手派手ですっごい悪趣味(誉め言葉)

なんかトーラスPT92みたいなバッタモンっぽい雰囲気がある。トーラスPT92というのはライセンス生産されたM92FSのクローンガンのことで、wikipediaにはちょうどこのカラーリングの個体の写真が紹介されている。

「ロミオ&ジュリエット」はあくまでも通称で、特にそういうモデルがあるわけではなく映画劇中で出てきた銃に似ていることからそう呼ばれている。コンペンセッターと例のグリップは流石についていないが、これはこれで意外とまとまっていていい感じに見える。


スライド

スライド表面の刻印は中期のもので、MADE IN JAPAN BY WESTERN ARMSのタイプ。フレーム裏側には権利関係を示す刻印がびっしり打ってあり、ガンマニアからのあまり評判は良くないようだ。blueはアメリカ語読めないのであまり気にならない。

WAはもともとメッキが黒めなこともあるが、写真の明るさが少しアンダーになってしまったか。MADE IN~の刻印が少し浅く、それなりに古いものでメッキが少しやれており、アップで寄るとちょっときつい(笑)それもまた味なのだが。

グリップ

トリガー周辺は金色密集地帯になっていて特にゴージャスな印象。

このグリップはヘレッツ製ココボロ材グリップで、なぜかメルカリにて超破格で売り出されていたWA M92FS ブルースチールカスタムについていたもの。しかもデカいアルミケースも付いておらず本体のみだったのでまさに願ったり叶ったり。まともにはとても買えない(泣)


そんなわけでかなりレアな逸品になる。品質は申し分なく、チェッカリングはかなり鋭く指に食い込み、WA純正ゆえ精度もよく、当然ポン付けでグリップスクリューの高さも合う。メダリオンは24Kメッキでこれまた素晴らしい色と輝きを放つ。

色味もブラック、ブルー、シルバー、ゴールドとあらゆる仕上げに似合うので使い勝手がすこぶるよい。希少品のため1枚しかないのが実に惜しい。ちょっと気が引けるところもあったが、このモデルにつけてみたら好みドストライクだったので迷った挙句引っぺがされることになった。

背面

この銃で一番好きな場所。シルバーのスライドからゴールドバレルが顔をのぞかせる。この組み合わせは非常にゴキゲンなので大好きだ。STAINLESS刻印はご愛敬。

まとめ

光り物オタク垂涎の逸品。究極のロマン仕様といえる一丁。

普通に出回っていないこともありマグレじゃないと入手できない逸品で、blueとっておきとなる。実はメッキペンと金メッキ液があれば自家生産できなくもないのだが、ここまで均一な仕上がりは難しいだろう。これWAで発売してくれないかな…。

実は近くで見ると相応の古さやメッキの粗さ、トリガーに妙な遊びがったり難がないわけではないのだが、ゴールドメッキの輝きと存在感が素晴らしく、オンリーワンであることであまり気にならない。これはちょっと墓場まで持って行きたい一丁。

WA コルトガバメント シリーズ’70 プレミアムエディション ゴールド

ゴールドメッキのガバメントとのショット。こちらは過去にWAが公式に販売したモデルとなる。結構人気なようで定期的にヤフオクやメルカリで出回りプレ値が付いている。

このガバメントとベレッタはゴールドとシルバーが反転したカラーリングなっていて、共に米軍正式採用拳銃という縁もあり、並べて撮ると非常に見栄えがする。光り物オタとしてはこの手のモデルはもっと作ってほしい。

…と思いきや、実は最近相方を入手したのだった。次回に続く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました