Minichamps 1/18 ポルシェ 911 GT3 (991)

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
ミニカー

スペック

ブランド ポルシェ(Porsche) メーカー ミニチャンプス(mini champs)
車種 911 スケール 1/18
世代 991(7代目モデル) カラー ホワイト
年代 2011年~2019年 寸法 長さ25.0×幅10.4×高さ6.8(実寸)
おすすめ度 ★★★★☆(4.5) 重量 750g(実寸)

どんなモデル?

ポルシェ911の7代目となる991 GT3をミニチャンプスが1/18スケールでモデルアップ。クオリティはさすがの一言であり、作りこみや質感、重さなど高いレベルでまとまっている。なおこのミニカーのカラーバリエーションにはホワイトの他にレッド、イエローなどがある。

ディティール

全体像

角という角を落とした流線型のボディは、誰がどう見てもポルシェと認識することだろう。実はクルマにまったく詳しくないblueでもこれは分かる。(あくまでも“光り物のマニア”なので車自体はよくわからない。どうしてミニカーブログなんか始めたの…。

デザインでいうと、ポルシェは数あるスポーツカーの中では一番好きで、その歴代911の中でもかなり洗練されていると思う。無駄がなく完成されている感がある。

私は見た感じカッコイイと感じるが、これも往年からのファンは「前の方がカッコイイ」「911は空冷までだよね」「やっぱ初代最強」という声はあると思う。この辺の感覚はゲームハードやタイトルなんかと同じなのだろう。

フロントビュー

ポルシェといえば丸目のヘッドライトである。blueはこの丸目のヘッドライトがとても好きで、カッコイイとカワイイが同居している素晴らしいデザインだと思っている。ボディのフォルムとも調和しており機能美という観点からも優れている。

ホイールからはイエローのブレーキキャリパーが覗いている。スポーツカーのブレーキキャリパーはなぜキュンとしてしまうのか。男あるあるである。写真では陰になってしまっているが、ホイールのセンターにはポルシェのエンブレムがセットされており、これもあざとい。

リアビュー

RRなので尻がでかい。見事な安産型体系である。このリアフォルムこそ911の速さであり、美しさであり、エロさの源である。こんなブログはどうせ男しか見にこないのをいいことに言いたい放題である。

そんなわけでこの尻、もといエンジンフードを開けると3,996cc 500PS/460Nmというモンスタースペックエンジンと、男の夢が詰まっている。

一方でフロントはすっからかん。頭空っぽの方が夢詰め込める…のかどうかはさておき、普通のセダンやミニバンしか乗ったことない一般庶民からすると軽くカルチャーショックな光景ではある。

まとめ

安心と信頼のミニチャンプスらしく、ドアのチリ合わせ、塗装の品質、適度な重量感など全体のクオリティは安定している。ホワイト一色というシンプルなカラーリングだが、それがかえって911の美しいフォルムを際立たせる。

ポルシェのイメージカラーは、近所のディーラーにて新型の992で推しているのもあり、blue的にはライトブルーのイメージがあるのだが(下に貼ってある広告のやつね)、実際のところはホワイトが人気らしい。

なおこのモデルのホワイトは、ラメやキャンディなどが入っていない、あるいはスーパーホワイトでもない普通のベタ塗りホワイトである。にもかかわらずハイエースやプロボックスにならないのは、ひとえに考え尽くされたフォルムやシルエット、機能美の賜物なのだと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました