San Martin SN030-1A (Bronse)

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
腕時計

スペック

年代 2018年 ムーブメント 自動巻き NH35A
型番 SN030-1A 精度 +30秒程度
直径 39mm 風防 サファイアガラス
厚さ 12mm 防水 20気圧防水
ラグ幅 20mm おすすめ度 ★★★★(4.0)

どんな時計?

この間紹介したSan Martinパイロットウォッチのバリエーションとなる。最大の特徴はブロンズ製のケースとなっていることで経年変化を楽しめる。またダイヤルのパターンも違う。

レトロな見た目であるが、20気圧防水+両面無反射コーティングサファイアとスペック自体は高い。夜光も明るいため実用性も優れた時計である。

入手方法(2023.5)

AmazonやYahoo!で入手可能。少しレアかもしれない。ブロンズの中華時計はメルカリヤフオクなどでも度々見かけるので根気よくチェックするといいかもしれない。

ディティール

ブロンズケース

ブロンズ製ケースとなっている。色合いとしては10円よりも気持ち黄色く、屋外で何年も経過した真鍮製のバルブや南京錠のような渋い風合いで、いかにも古美といった感じである。

SUS316Lよりも柔らかいが、無垢材であるためメッキと違って剥離の心配がなく、傷がついても耐水ペーパーや磨きクロスで仕上げ直しが可能であるため、意外とラフな使い方にも向いている。もちろんガシガシ使ってついた傷を放っておいても様になる。

その特性や風合いから、ワークブーツやジーンズなどの男臭いアイテムやファッションと親和性が高そうである。ライトニングとか好きそう。

ダイヤル

パイロットウォッチの典型的なデザインで、分表示が強調されているタイプとなる。

正直普通の12時表示のパイロットウォッチの方が見慣れている分楽であるが、分刻みで作戦行動を行うパイロットにとっては使い勝手が良いものだったんだろう。デザイン的には意味があるものなのでこれはこれで好きである。

金属アレルギーについて

ブロンズケースの腕時計に興味があるが、金属アレルギーが心配な人はいるだろうと思う。blueも気になっていて、実際どんなもんなのか気になったので購入してみたところ、、

この時計の場合は、ケース本体はほとんど接触しない。ステンレス製の裏蓋(ケースバック)は中央に向かって厚くなっているデザインなので、ブロンズケースのラグなどは手首と直接接触しない。この時期のような暑い時期で汗を大量にかく状況でなければあまり問題はないと思われる。

一方盲点となりがちなのがレザーバンドの尾錠側で、こちらは直接手首と触れてしまう部分となる。気になる人はSUSなど他の素材の尾錠に変えた方がいいかもしれない。

夜光

いつものSan Martinクオリティである。分針メモリに至るまでガッツリ塗り込んであるのでとてもよく光る。光り物好きとしては、やはりルミノバをケチることなくきちんと仕上げてくれると嬉しい。着用機会も増えるしね。

まとめ

ブロンズケースの時計は初めて入手したが、SUSとは一味違う渋い風合いが魅力である。実用性の方も申し分なく、ムーブメントも広く交換修理が可能なものなので長く使っていけるだろう。

この時計はたまたまメルカリで中古品を見かけたため、購入したモデルである。メルカリはライト層向けと思いきや、たまにこういうコアなアイテムが出品されることもあり意外と侮れない。

また余談であるが、このモデルのレザーバンドは意外と質が良い。この手の安価な時計のレザーバンドがしょぼいことが多く、いつも適当なものに交換してしまうのであるが、このモデルはそのままで十分使っていける。

SUSとの比較

先に挙げたSUS版のパイロットと比べるとこんな感じ。ちなみにSUS版は汎用ブレスレットに交換している。寸法やスペック的には同一のモデルではあるが、素材とダイヤルが違うのでもはや別の性格を持った時計であり、気分によって使い分けてできるので楽しい。

夜光はどちらも強力。パイロットウォッチは光ってくれるとやはりうれしいが、San Martinが基準になってしまうと他のメーカーを比べたときに見劣りしてしまったり、価格的に割高になってしまいがちであり、それも考え物である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました